東洋構造コンサルタント株式会社 1級建築士事務所
東洋構造コンサルタント_最新情報 東洋構造コンサルタント_会社情報 東洋構造コンサルタント_事業部 東洋構造コンサルタント_実績 東洋構造コンサルタント_お問い合わせ
東洋構造コンサルタント_トピックス

最新の記事一覧
コストコ崩落事故で設計者3人不起訴
過労自殺が伝えた「新国立」の現実
震度4で天井損傷も「過失はなし」
エスカレーターからの転落防止で指針
浸水区域にかさ上げ義務付け、滋賀県で全国初
「渋谷再開発」現場で仮設倒壊、桁の切断後に
ロンドン火災、惨事の原因
ミューザ川崎の震災復旧巡る訴訟和解へ
最大3万棟で石綿対策未実施
火災警報器を隣接建物間で連動
木製床が裂け利用者に30cm刺さる
新耐震木造の耐震性能を簡易にチェック
マンション敷地に戸建て、容積率違反に
京町家解体の事前届け出を義務化
容積率緩和で都が促すマンション再生
大規模倉庫の36%で防火設備の閉鎖障害
横浜市の杭未達マンション、12月に解体着手
耐震補強の妥当性認められず校舎閉鎖
熊本地震からの宿題  建物の「地下」に死角あり
アスクル倉庫火災 防火シャッター閉鎖せず
長野市庁舎のRC外壁にひび割れ
マンション建設現場でドローン墜落
都市公園内の保育所開設が可能に
温水プールの天井材落下が相次ぐ
九段会館、天井崩落メカニズムを推定
熊本被災地の宅地耐震化事業を拡充
熊本県益城町、市街地に建築制限
建設中「地下室マンション」確認取り消し




過去の記事一覧
アスクル倉庫火災 防火シャッター閉鎖せず
 一部の防火シャッターが正常に作動しなかったことが、延焼を拡大させた可能性がある――。鎮火まで12日間を要した事務用品大手、アスクルの倉庫の火災を受け、国交省と消防庁は大規模倉庫の実態調査を開始した。

 火災が発生した「アスクルロジバーク首都圏」(埼玉県三芳町)は2013年7月から稼働。消防庁などによると、延べ面積は7万1891.59㎡で地上3階建て。1階と2階は柱が鉄筋コンクリート造、梁が鉄骨造、3階は鉄骨造だ。
 火災は2月16日に発生した。午前9時14分に倉庫の従業員から「段ボールが燃えている」との通報が消防にあった。9時22分には消防隊が放水を始めたが、倉庫内で延焼が拡大。開口部が少ないことなどから消火活動が難航したという。火の勢いが収まらないため、午後7時23分には建物外壁に穴を開けて内部に注水するなどの消火作業を行なった。
 火の勢いが収まって延焼の可能性がなくなる鎮圧に至ったのは、火災発生後6日目の22日午前9時30分ごろ。ようやく鎮火したのは28日午後5時だった。この火災による負傷者は2人。消火活動に当たった人員は延べ3801人、消防車延べ752台に及んだ。
 アスクルは3月9日に開いた記者会見で、建物など固定資産への被害推計額を最大95億円と発表した。

 アスクル倉庫火災を受け、国土交通省と総務省消防庁は「埼玉県三芳町倉庫火災を踏まえた防火対策および消防活動のあり方に関する検討会」(座長:小林恭一・東京理科大学総合研究院教授)を設置。3月14日に開いた検討会の初会合で、出火当時の状況や延焼が長期化した要因の一部を明らかにした。
 検討会の資料によると、焼損面積は約4万5000㎡(調査中)。1階の端材室(廃段ボール置き場)で出火し、2階から端材室に廃段ボールを落とす開口部を通じて2階に延焼した可能性が高いとの見方が示された。1階では端材室以外は焼損しておらず、延焼した2階と3階はほとんど焼損したからだ。出火原因は3月14日時点で調査中だ。
 検討会ではさらに、一部の防火シャッターが正常に作動しなかったり、コンベヤーや置かれていた物品が障害になって閉鎖できなかったりしたことも明らかになった。また、屋内階段の扉が一部、施錠されており、消防活動の妨げとなったことも報告された。
 国交省と消防庁は2月28日に都道府県に対し、大規模倉庫の防火対策の徹底を要請。違反是正の指導や、現状を把握する実態調査を進めている。対象は倉庫用途の床面積が5万㎡以上の建築物だ。延べ面積5万㎡以上の大規模倉庫はこの10年間で急増し、10年前の約3倍となっている。
 検討会は調査結果を踏まえ、大規模倉庫火災の再発防止策として防火対策や消防活動の在り方について議論する。6月中に報告書をまとめる予定だ。(高市清治)
























ソース :
日経アーキテクチュア 2017_4-13
このページのトップへ