東洋構造コンサルタント株式会社 1級建築士事務所
東洋構造コンサルタント_最新情報 東洋構造コンサルタント_会社情報 東洋構造コンサルタント_事業部 東洋構造コンサルタント_実績 東洋構造コンサルタント_お問い合わせ
東洋構造コンサルタント_トピックス

過去の記事一覧
ぎふメディアコスモス悩ます「8つの不具合」
熊本地震のブロック塀倒壊で刑事告訴
熊本地震の地震動データを捏造か
建基法改正の議論がスタート
「新国立」の長時間労働、81社が法令違反
積算ミスで自治体が設計者を提訴
階段の寸法基準を緩和
復興住宅の工事で被害、近隣住民が仙台市を提訴
築地火災は「伝導過熱」が原因か
コストコ崩落事故で設計者3人不起訴
過労自殺が伝えた「新国立」の現実
震度4で天井損傷も「過失はなし」
エスカレーターからの転落防止で指針
浸水区域にかさ上げ義務付け、滋賀県で全国初
「渋谷再開発」現場で仮設倒壊、桁の切断後に
ロンドン火災、惨事の原因
ミューザ川崎の震災復旧巡る訴訟和解へ
最大3万棟で石綿対策未実施
火災警報器を隣接建物間で連動
木製床が裂け利用者に30cm刺さる
新耐震木造の耐震性能を簡易にチェック
マンション敷地に戸建て、容積率違反に
京町家解体の事前届け出を義務化
容積率緩和で都が促すマンション再生
大規模倉庫の36%で防火設備の閉鎖障害
横浜市の杭未達マンション、12月に解体着手
耐震補強の妥当性認められず校舎閉鎖
熊本地震からの宿題  建物の「地下」に死角あり
アスクル倉庫火災 防火シャッター閉鎖せず
長野市庁舎のRC外壁にひび割れ
マンション建設現場でドローン墜落
都市公園内の保育所開設が可能に
温水プールの天井材落下が相次ぐ
九段会館、天井崩落メカニズムを推定
熊本被災地の宅地耐震化事業を拡充
熊本県益城町、市街地に建築制限
建設中「地下室マンション」確認取り消し




最新の記事一覧
積算ミスで自治体が設計者を提訴
 公共建築物の積算ミスで当初の予定価格の増額を余儀なくされたほか、オープンが遅れたなどとして、秋田県仙北市が指名型プロポーザル方式で決定した設計者を訴えた。秋田地方裁判所大曲支部へ9月21日付で訴状を提出した。相手方の設計者は渡辺佐文建築設計事務所(秋田市)で、市は実施設計料の2倍以上となる2233万円の損害賠償を求めている。設計者は争う構えだ。
 積算ミスがあったと市が主張しているのは7月1日にオープンしたばかりの「田沢湖クニマス未来館」。1940年代に絶滅したとされていた淡水魚のクニマスが、山梨県の富士五湖で生息確認されたことを受けて、市が本来の生息地である田沢湖の湖畔に整備した展示施設だ。
 設計者が納品した当初の実施設計図書は、工事費予定額を約2億3000万円と見積もっていた。市はこの金額を前提に市議会の承認を得て、建築工事の一般競争入札を16年6月に公告した。
 だが市によると、建設会社からの質疑により、積算ミスが多額に上る可能性が浮上した。市は実施前日に入札を中止。設計者に対し、質疑による指摘などを反映した実施設計図書の再納品を求めた。この結果、予定額が2億7180万円に膨れ上がることが判明した〔図1〕。
 市と設計者はその後、延べ面積を縮小したり、トイレの数やホールの常設席数を減らしたりして、予定額を2億5218万円とする最終案をまとめた。それでも最初の予定額を約2000万円超過した格好だ。市議会は着工に際し、予算の増額補正案を承認したが、それは設計者への損害賠償請求が条件だった。

 設計者は積算ミスの発覚後、市の発注担当部署との間で、ミスの責任を取って2102万円を支払う、という内容の覚書を交わしていた。今回の訴訟は主に、市がこの覚書の履行を求めるものだ。2102万円の内訳は、実施設計料1022万円の返上と、工事費の一部となる1080万円の負担となっている。
 設計者は覚書を交わした後、実施設計図書を再納品し、さらに工事監理業務も実施して、施設は完成した。だが覚書について履行を拒否。全面的に争う姿勢を示した。
 設計者はなぜ覚書を交わしたのか。本誌の取材に対し、渡辺佐文建築設計事務所の管理建築士である池田匠社長は9月27日、文書で回答した。主な内容は次の通りだ。
「15年11月に実施設計図書一式を市に納品したが、その時点では設計の瑕疵の指摘は受けなかった。だが施工者選定の入札を公告した後、建設会社の質疑により、数量積算のやり直しや見積もり単価の見直しを迫られた」
「16年8月19日に実施された市議会全員協議会は、当社に対して設計料の全額返還や損害賠償を求める、設計変更や工事費の増額は認めない、という条件をもって工事を認めると決めた」
「本来、設計の誤りは訂正作業で正しくするもの。違算の相当額を損害として賠償しろという要求は、建築設計業務に携わってから初めてのことで、非常に驚いた。その他の要求についても、今まで聞いたこともないような理不尽な要求だと感じた」
 池田社長はそれでも、「やむを得ず相手の要求の通り覚書を交わして、議会の議決を得る判断をした」。その理由について、次のように続ける。
「クニマス再発見の報に接した天皇陛下は、クニマスについて『奇跡の魚と言ってもよいように思う』とまで述ベられた。私は(覚書を交わすことで、後日に)損害賠償請求を訴求されると認識していたが、このプロジェクトをやり遂げたかった」

 一方、市側は、市議会において積算ミスの発生原因について問われた際、「設計事務所の担当者のミスによるもの。契約検査室などでチェックしているが、見抜くことができなかった。一級建築士の資格を持つ職員がいないことも問題かもしれない。今後チェック体制の在り方を検討したい」と説明していた。  市議会は17年2月からの定例会において、設計者の履行拒否について「法的根拠の薄い覚書で合意してしまった不手際は、執行部の行政管理の未熟さ、統治能力の欠如の露呈」などとして、市長など執行部を強く批判。さらに9月の定例会で設計者への提訴を議決した。
 発注を担当した仙北市企画政策課は、本誌の取材に対して、「基本設計の段階で、この規模・仕様がどうしても必要だ、と議会で説明して合意を得ており、抜本的な計画の見直しが困難だった。再納品を受けた実施設計で当初予定額より増額が確実となり、覚書がなければ着工はできなかった」と経緯を説明する。
 市は今回の訴訟で、覚書の履行のほか、遅延損害金131万円も同時に請求している。(池谷和浩=ライター)

〔図1〕設計料返上を条件に市議会が増額を承認
2010年12月 秋田県の田沢湖のみに生息し、1940年代に絶滅したと思われていた希少種「クニマス」が、富士五湖で発見される。富士五湖で養殖が試みられたことがあったとみられる。発見を受け、秋田県と仙北市により「クニマス里帰りプロジェクト」が発足
13年11月 仙北市が「田沢湖クニマス未来館」設計者選定の指名型プロポーザルを実施。渡辺佐文建築設計事務所を選定し、設計・工事監理委託契約を随意契約で締結
14年1月 基本設計が完了。基本設計料は210万円だった
15年11月 当初の実施設計が完了。工事費予定額は2億2966万円。実施設計料は1022万円だった
16年6月 市が6月15日を入札日として建築工事の一般競争入札を公告
6月14日 建設会社からの質問状を取りまとめた結果として、市は計画案の積算ミスが多額に達していると判断し、建築工事の入札を中止。市は設計者と協議を開始
6月30日 設計者が実施設計図書を再納品。工事費予定額は2億7180万円と、当初より4000万円以上増額していた。市議会が承認した16年度予算案を超過する懸念から、市は減額のための設計変更を指示
9月まで 市と設計者の間で覚書が交わされる。設計者が実施設計における積算ミスの責任を取って実施設計料を返上する、さらに超過費用の一部を負担するという内容で、賠償予定額は2102万円に上った。市議会はこの設計者の覚書を前提として補正予算案を承認
9月23日 市が2度目の入札を実施。規模縮小や仕様変更などの設計変更により、工事費予定額は2億5218万円となっていた。落札額は2億4948万円
17年2月 設計者が覚書の履行を拒否
7月1日 施設オープン
8月17日 施設の来場者1万人突破
9月21日 市が設計者を相手取り、秋田地裁大曲支部へ提訴。覚書の履行、オープン遅延の損害賠償を求めた。請求額は合計2233万円
事件の経緯。指名型プロポーザルで設計者となった渡辺佐文建築設計事務所は、12年にBCS賞を受賞した「東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構棟」の設計者の1社でもあった(資料:取材に基づき本誌が作成)



ソース :
日経アーキテクチュア 2017_10-12
このページのトップへ